電子書籍 副業3.0

社畜サラリーマンがサイト運営で

人生大逆転させたストーリー

副業時代からどうやって稼いできたのか?を

ストーリー形式で徹底解説

※スマホでも読めます

この電子書籍の内容は?

働き方は多様化し、副業が当たり前の時代に

第1章

極貧生活で食べた「水かけごはん」

子どものころ、僕は「水かけごはん」を食べていた。

山形県の郷土料理のことじゃない。安い白米に、水道水

をかけて食べる本当の「水かけごはん」だ。

父は飲食店を営んでいた。バブル期が終わろうとして

いた頃に銀行から借金をしてオープンした小さな喫茶店

だ。母もそこで従業員として働いていた。景気の悪化、

薄利多売の無謀な経営。さまざまな要素が折り重なっ

て、結局その喫茶店は数年でたたんでしまった。父は働

き過ぎで体を壊し、借金だけが残った。

僕は 4 人きょうだいの末っ子で、僕らは古い団地に住

んでいて……そう、うちは貧乏だった。

第2章

サラリーマンの末路はロボット化?

――2011 年 3 月 11 日。僕は高層ビルの 14 階にいた。

「揺れてる?」オフィスの誰かが言ったのとほぼ同時に、僕は PC モニターを手で押さえた。長い。徐々に強くなる。止まらない。長い。

同僚の何人かが机の下に潜った。オフィスの外からは

女性の悲鳴も聞こえる。僕はモニターを手で押さえたま

ま、中腰になって逃げるかどうしようか考えていた。
そのうち、揺れは収まった。
「地震?」「震源どこ」

ざわつくオフィス。多くの社員が仕事の手を止め、携

帯やパソコンを使って情報収集を始めたが、その最中に

再び揺れ始めた。余震だ。

第3章

失敗する副業の条件とは?

京都に移り住み、僕にとっての最初の挑戦が始まっ

た。脱サラを機に、前職の時からリスクなく始められる

副業として目をつけていた「無在庫ネットショップ」を

開業したのだ。

在庫を抱えるリスクがないから、倉庫も必要ない。奥

さんの実家に居候させてもらっている身分なので、在庫

をもたなくていいのは本当に都合がよかった。

元手が必要ないし、パソコン 1 台と電話ひとつで完結

できる。しかも、やり方はググれば出てくる。愚直なが

らもさまざまなことを試行錯誤して、売上は少しずつ伸

びていった。

第4章

大富豪から学んだマインドセット

家族に宣言した通り、運営していたネットショップを

すべて捨て、僕は 2 社目となる会社に再就職した。そこ

は通信機器の営業をやっている会社で、僕にとっては未

知の世界だった。

なぜその会社を選んだか?

一番の目的は、「スキルを身につけること」だった。1

社目の会社と起業失敗の経験から、目先のお金を追い求

めるだけではダメだ、と僕は気づいたのだ。

お金は確かに生活を豊かにする。だけど、ひとつしか

ない体を使って稼ぐにはどうやったって限界がある。体

ひとつで効率よく稼ぐためには、スキルが必要なのだ。

第5章

副業が失敗するカラクリ

前職では散々な目にあったわけだけど、それでも地獄

のテレアポ営業で身につけた営業スキルだけは僕の財産

だ。その営業スキルを武器に、今度はとあるシステム系

の会社で営業をすることになった。

空白期間として 2 ヶ月間も無職になり、一時期は非課

税世帯にもなった。生活は大変で情けなくもあったけれ

ど、転職後の給料は月 30 万円。年相応と思えば、まあ悪

くない。家族のため、今度こそ生活の安定を優先した職

につくことができた。転職前は不安を感じていた奥さん

も、ひとまずは安心してくれたらしい。

第6章

退職代行をおすすめしない理由

あの頃が人生で一番のドン底だった。

本業は残業続きで、毎晩のように終電。時間を切り詰

めて取り組んだ副業のトレンドアフィリエイトも、サイ

トがばんばん飛ばされる。体力と時間を限界まで使って

いたある日のこと、ついに日常がほころび始めた。

「もう無理、早く帰ってきて……」

奥さんが泣きながら電話をかけてくるようになった。

僕よりも優秀で、出産前にも「復帰してバリバリ働きた

い」と言っていた奥さんは、僕の転職で 2 ヶ月の空白期

間ができたのをきっかけにフルタイムのアルバイトを始

めていた。

第7章

大富豪と一般人を分ける違い

体を酷使して稼ぐのが「副業 1.0」。

有限な時間を費やして稼ぐのが「副業 2.0」

そこからさらに進化した「副業 3.0」とは、仕組みを

つくって稼ぐことだ。

体ひとつ、限られた時間では稼ぎきれない額を稼ぐた

めには、放っておいても勝手にお金を生み出してくれる

「仕組み」が重要なのだ。

もっといえば、その仕組みをいつでも何度でも自由に

再現できる自分の「スキル」さえあればいい。それは 20

年 30 年先も錆びることのない「一生モノのスキル」でも

ある。

※スマホでも読めます

提供者:シュウヤについて

30歳でWEBメディア運営事業で独立後、株式会社を設立。月間250万PVのオウンドメディア構築や、億を超える金額でメディアのバイアウトも経験済み。稼いだお金は全て家庭へ納める。

会社概要

会社名

リードクリエーション株式会社

代表者

新宮 秀也

京都府京都市左京区上高野下荒蒔町6-3 藤和宝ヶ池ホームズ301

所在地

資本金

2,000,000円

設立

2017年1月

Copyright © Leadcreation,inc All Rights Reserved.