仕事辞めたい・・辛いを乗り越えた私の考え方と先輩からのアドバイス

仕事をしていくと、時に辛くて辞めたい・・辛い。。
ということありますよね。

何を隠そう、私は20代にして転職4回繰り返してきましたので、今のあなたの辛い気持ちが非常によく分かります。

私は毎日仕事に行くたびに、理由もなく遠くを見て気づいたら目から涙が溢れている・・ということもありました。

ちょっとしたパワハラみたいなこともあったかもしれません。
今となってはいい思い出ですが。

ただ、はたから見たら結構きつい状況の中、乗り越えてきたという自信が今の私にはあります。
今回は、仕事が辛くて今すぐにでも辞めたい。。と考えているあなたに、4回の転職で見えた仕事術と、どう行動したらいいのかのアドバイスをお伝えいたします。

※ もっと詳しいプロフィールを知りたい方はこちら
電子書籍「自由になるための副業3.0」はこちら

_

1.うつ病患者は年々増えている

まず初めに、こちらの統計データを見て欲しいです。
こちらは、厚生労働省のホームページに掲載されている、気分障害患者数(うつ病患者)の推移を表したグラフになります。

kibunsyougai

厚生労働省 気分障害患者数の推移より抜粋

また、総務省の発表したデータによると、日本では13年連続で年間自殺者数が3万人を超え、このうち平成22年では被雇用者・勤め人が8568名、原因・同期別件数では、勤務問題が2590件だそうです。

ちょっとデータが古いですが、現在もあまり状況は変わらないか、むしろ増えていることでしょう。

初めにこちらをお見せしたのは、あなたが本当に辛くて、辛くてしょうがない。
今すぐにこの状況をなんとかした・・。

という場合は、病気になる前に会社を辞めましょう。ということです。

無責任でもなんでもなく、命あっての仕事ですからね。
ただ、あなたが、仕事つらいな。けどまだ頑張れるかも。

と考えているのであれば、ぜひ私が乗り越えてきた考え方が少しは役にたつと思いますので、是非続きを読んで見てください。

2.仕事中に涙が出たりすることはあるか?

Exhausted young businessman with headache touching his head.

突然ですが、あなたは仕事中に涙が出たりすることはありますか?

私はあったんですよ。

今冷静に振り返れば、うつ病一歩手前だったな、と思うんですが、当時はそんなことを考える余裕もなかったというのが正直なところです。

ちなみに、私は独り身ではなく子供が3人と妻の5人家族の大黒柱なのでね。
そう簡単に辞めれないという事情もありましたが。

私みたいに、突然涙が溢れてくる。ということはなくても、以下の症状が出ていたりしますでしょうか?

1.仕事に行く気が失せてきて遅刻や欠勤をするようになる
2.頭痛やめまいや吐き気を起こすようになる
3.夜、寝ようと思っても寝つきが悪くなって眠れない
4.自己否定するようになり、空しさを感じる
5.価値を感じられない環境に存在意義に疑問を持ちはじめる
6.ちょっとしたことでもすぐイライラするようになる
7.気分にムラが出て、日常生活に支障が出る

こういう症状が出てきたら要注意です。

私の場合は、特に4、5、6、7の症状が顕著に出ていました。

会社のストレスが大きかったのだと思いますが、私が情緒不安定になり、妻とはかなり喧嘩をしていました。
また、子供に対して厳しい口調で怒鳴りつけたりもしてしまいました。

家族の笑顔を見たいがために頑張っている仕事で、なんで苦しめられなければいけないのか。当時は本当に苦しかったですね。

次ではいよいよ、そんな過酷な状況を乗り越えてきた私の思考法をお伝えします。

3.私は「魂の修行」という考え方で乗り切った

AdobeStock_127256026

結論が見出しになっていますが、私の方法は「魂の修行」であるという考え方で乗り切りました。

これだけ聞くと、え?宗教か何か!?とびっくりされたかもしれませんが、そうではないんです。

この考え方は、2005年まで公表されていた長者番付の常連であった、健康食品会社のまるかん創業者の斎藤一人さんの著書で紹介されていたものです。

斎藤一人さん曰く、この世に生を受けているのは、すべて魂の修行のためである。
という考えを持っており、何か嫌なことがあると、「これは自分の心を鍛えてくれる試練である」と捉えなさい。

という教えをされています。

スピリチュアル?とか眉唾でしょ。と思われたかもしれませんが、これ実際に試してみるとその効果に驚くと思いますよ!

実際に、上司に理不尽にめちゃくちゃ怒られた時にでも試して見てください。
自分の心の持ちようにびっくりすると思います。

私の場合は、「この上司は今自分に何を教えてくれようとしているのだろう?」
と質問するようにしていました。

こう考えると、全てのことが学びとなり、結果自分の心も鍛わり、嫌な上司も、自分の貴重な成長の機会をくれる人。に変わります。

4.みんなもミスってるから安心しろ!

5.会社に行かないという選択肢もある

これを見てもどうしても辞めたい。という場合は、最初に紹介したように、病気になる前に辞めたらいいと思います。

あなたが考えているほど、あなたがいなくなっても会社普通に回りますので安心してください。

ただ、追い込まれている時って、簡単に上司に辞めます。なんて言えないですよね。しかも、辞めたい理由がその上司にある場合はなおさらです。

そんな場合は、最終手段ですが、会社に行かない。という選択肢も視野に入れましょう。

私の場合、パワハラが主な原因でしたので、直属の上司に会社を辞めたい。ということがキツくて、真剣に会社に行かないという選択肢も考えました。

最終的に勇気を振り絞って退職の意思を伝えたら、意外とすんなり行きましたよ。
ま、かなり引き止められましたが。

有事の際は会社に行かない。という選択肢もあるということを知っているだけでも強いと思います。

6.辞める前に転職エージェントに相談しよう

Erfolg im Business Handshake

私が何度か転職している中で、入って半年くらいでこの会社ダメだ。。
と思った時がありました。

そんな時、相談したのが転職エージェントでした。

嫁に相談するよりも、転職の現場を知っているプロに相談することで、有益な情報を得ることができ、その後の会社勤がスムーズに行きました。

その時は、転職エージェントに相談し、今いる会社で「新たな気持ちで頑張ろう」と気持ちを入れ直すきっかけになりました。

友人や家族に相談することも大切ですが、転職市場や企業の考え方などの現場を知っているプロに相談して客観的に今の自分の状況を分析してもらうことが大切です。

そういう意味で転職エージェントを使う選択肢はありかなと思います。というか、私の場合は結果そのような使い方をしていましたね。

もちろん、転職エージェントからすると、転職する気がないのにくるな。と思うでしょうから、転職する気持ちもありますよ。というスタンスで挑まれることをお勧めします。

まとめ:仕事辞めたい・・辛いを乗り越えた私の考え方と先輩からのアドバイス

ここまで、長々と今の仕事が辛くて辞めたい。と考えているあなたに送る、私なりのアドバイスと考え方をお伝えしました。

もう一度おさらいしますと、私がパワハラを乗り越えた考え方は、「魂の修行であると考える」ことでしたね。

そして、嫌な上司が理不尽な要求を突きつけてきたら、「この上司は私に何を教えようとしているのだろう?」と考えて行動することにより、常に自己成長につながり、自分の能力を伸ばすことが可能になります。

結果、無理難題を言ってきた上司からも「お前すごいな!」という評価を得ることができます。というか、私はできました。

ただ、そうは言っても、今あなたが辛くて辛くてどうしようもない。一刻も早くきえて無くなりたい。
というほど追い詰められている場合は、うつ病になる前に環境を変えることをオススメします。

その際に、辞める前に私も使った転職エージェントを使ってみるのもオススメです。
現場を知り尽くしているプロに今の自分の立ち位置を客観的に分析してもらうことにより、その後の長いあなたの人生をよりよく歩むためのヒントを得ることができますからね。

ちょっと長くなりましたが、転職を4回行い今すごい幸せな状態の私から仕事に悩むあなたへのアドバイスでした。
より良い方向に数むことを祈っております。

サラリーマンの副業にブログが向いている5つの理由

人気記事ベスト5

サラリーマンにオススメの副業はこれ!私が毎月100万円以上稼いでいる方法をご紹介!

4回転職してうつ病になりかけ逃げるように辞めた私の失敗談

サラリーマンが給料以外に副収入で月10万円稼ぐ現実的な方法

サラリーマンにオススメする副業ランキングベスト5

副業でも大丈夫!すぐ稼げる高収入インターネットビジネス4選

The following two tabs change content below.

しゅー社長

30歳でWEBメディア運営事業で独立後、株式会社を設立。月間250万PVのオウンドメディア構築や、億を超える金額でメディアのバイアウトも経験済み。稼いだお金は全て家庭へ納める。 ▶︎ より詳しいプロフィールはこちら(プライベート写真も公開)